2008年12月27日

CM撮影

NEC_0032.jpg

下駄箱

昨日は、
会社の納会の後でA Hundred Birdsのライブに行き、
盛り上がった勢いで1時くらいまで呑んでたと言うのに、
今日は朝5時に起きて、
茨城までテレビCMの撮影にやって来ています。

ロケ地は、中学校。
自転車置き場とか下駄箱とか時間割とかが懐かしいです。

午前中は、外での撮影。
完全防寒で臨んでいるにも関わらず、
寒くて死にそうです。

この撮影が終わったら、
冬休みだー!

↓タモリさんのポスターもありました。
タモリ


posted by ゆうき at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

ナイスなデザイン家電 〜middle color 超音波加湿器〜

冬の乾燥した空気中の方が、
風邪の菌やインフルエンザウイルスが生存率が上がるそうです。

また、逆に室内の空気を加湿することにより、
ウイルスの生存率が下がるそうです。

ボクは冬になると毎年のように、
2〜3回は風邪をひいてしまいます。

きっと加湿器を購入したら、
風邪ともおさらばできるに違いない。

ということで、
前々から欲しかった加湿器を購入しました。

あまり値段が高くなく、
かつ部屋に置いてもダサくない、
そんな加湿器を探していて発見したのが、
『middle color 超音波加湿器』です。

かなり品薄のようですが、
なんとか購入できました。

↓middle color 超音波加湿器
middle color 超音波加湿器

超音波式なので、スイッチオンすると、
すぐに超音波振動で気化された水が、
「フォワーッ」とテッペンから噴出します。

まるで謎の植物が胞子をまき散らかしているかのような、
なかなかカワイらしい光景です。

色はグリーンを選びました。
ダークブラウンの家具が多い我が部屋にも、
しっくりと馴染みます。

もう、この冬は乾かない、きっと。

↓middle color 超音波式加湿器 (6,648円)



こっちもイイかもね。
アロマ機能が付加されているようです。

↓Mini Chimney (9,450円)


posted by ゆうき at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

注目公演情報(言語遊戯王/BARBEE BOYS)

▼新感覚カード大喜利ゲーム〜言語遊戯王〜
http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0855811

・出演者:
−第1部<初挑戦組予選会>
[司会]山里亮太 [出演]少年少女 / チーモンチョーチュウ・白井 / 囲碁将棋 / しずる・池田 / ライス・田所 / フルーツポンチ / 犬の心・押見 / THE GEESE


−第2部<決勝トーナメント>
出演者:[司会]山里亮太 [出演]バッファロー吾郎 / ロンドンブーツ1号2号 田村亮 / しずる・村上 / ライス・関町 / ピース・又吉 / 平成ノブシコブシ・吉村 / 第1部優勝者


▼BARBEE BOYS@Zepp Tokyo
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006010P0050001P002026073P0030002P0006

・エンリケの気さくに行こう! 「BARBEE BOYSツアー決定!」
http://enrique.laff.jp/





posted by ゆうき at 10:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

『ディナーラッシュ』を観ました。

『ディナーラッシュ』を観ました。



スタイリッシュで、スピーディーで、ストーリーも面白く、
とても良い映画でした。

監督はミュージック・ビデオやテレビCMを手がけてきた、
ボブ・ジラルディ。

撮影は、彼が実際にニューヨークのトライベッカでオーナーを務める
イタリアン・レストラン“ジジーノ”で行われたそうです。

映画は、ほとんどが、このレストラン内で撮影されたもの。

慌しい厨房の様子や、レストランに訪れる客の会話、
昔気質のオーナーと新進気鋭のシェフ(オーナーの息子)の対立
を軸としてストーリーが展開される群像劇になってます。

個性豊かな人気レストランの従業員や客など登場する人々、
その登場人物による小粋な会話、
そしてスタイリッシュでスピーディーな映像や音楽が、
どことなくニューヨークを感じさせてくれます。

なんだか、仲の良い友達数人と、
青山あたりのレストランで食事をしながら、
ワイワイと会話と料理を楽しみたいなぁ〜、
なんて気分になってしまう映画でした。

あぁ〜、ニューヨークに行きたい。

あ、ちなみにこの映画、サスペンスです。
posted by ゆうき at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

『隠された記憶』を観ました。

ミヒャエル・ハネケ監督の作品『隠された記憶』を観ました。
カンヌ映画祭では監督賞を含む3部門を受賞した作品です。

▼隠された記憶


終始、張り詰めた緊張感や悪い予感が漂う、
なかなか精神衛生上よろしく無い作品でした。

”見えない悪意”だどか”抉り出される記憶”だとか、
”一見幸せそうに見える家族の闇”だとか、
”消せない過去”だとか、”変われない自分”だとか、
ある程度長いこと生きてきた人にとっては一つや二つは思い当たる、
しかし意識しなければなかなか自分でも気づかない、
そんな薄暗い心の深層に訴えかけて来るなかなかヘビーな内容でした。

太宰治の小説を読み終えた後の感想に近い気がします。

DVDに特典として付いていた監督のインタビューを聞くと、
作品自体の解釈を観客に委ねているようで、
なかなか全体像を正確に把握するのが難しい映画だと感じます。
音楽が一切使われていないのも、シーンの意味づけを必要以上に
行わない、ある種の演出なのでしょう。

そう言う意味では、日本の北野武作品にも近いかもしれません。

話題となった”衝撃のラストシーン”も様々な推測ができますが、
しかし、このラストシーンの正解を求めることにも、
あまり意味が無いのかもしれないとさえ感じます。

この監督の作品を観るのは初めてなのですが、
他の作品も観てみたいと思いました。
posted by ゆうき at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

池ノ上グルメ 〜ゴッホのカレー〜

ボクが住む池ノ上周辺には、
色々と面白い店が多いです。

上海蟹が美味いと評判の台湾料理のお店『光春』。
(まだこの店で上海蟹食ったことないけど)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131801/13001813/

最近よくメディアで取り上げられている創作料理店『タケハーナ』
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131801/13006080/

などなど。

で、今日は、その中でもずっと気になっていた
カレーのお店『ゴッホ』に行ってきました。

佇まいはかなりレトロな喫茶店の面持ち。
店内に入るとカウンターのみで8席ほど。
壁一面にゴッホの画が張られています。

さっそく「ビーフのカリー」を注文。
値段は1200円とカレーにしてはちょっと高い。
が、コレがかなり美味しかった。

洋風カレーでも純粋な印度カレーでもない不思議な味わい。
スープがサラサラとしているが、かなりコクもある。
これまで出会ったことのないタイプのカレーです。

これからも、ちょくちょくと顔を出そうかと思っております。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131801/13001427/

でも食べログの評価は、あまり高くないんですね。。。
posted by ゆうき at 19:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。