2008年06月08日

映画『ニューヨークの恋人』を観ました。

最近、メグ・ライアンが(人生3度目の)マイブームの兆し
を見せていることを受け、また、ゴールデンウィークに行った
ニューヨークの街が恋しいことも受けまして、
映画『ニューヨークの恋人』を観ました。

▼ニューヨークの恋人


出演は、メグ・ライアンとヒュー・ジャックマン。
2001年製作。

ストーリーは、
1876年のニューヨークからタイムスリップしてきた貴族と、
メグ・ライアンが恋に落ちるという、
ニューヨークの街を舞台にした、
ファンタジー過ぎるラブロマンス。

「80年代の映画か?」とも思わせるような、
強引で映画的過ぎる設定が潔過ぎます。

突然「ブルックリンブリッジからイーストリバーに飛び込め」
と言われて、迷うことなく飛び込んでみたり、
男が、何の惜しげもなく、元恋人(しかもメグ・ライアン)を、
イケメンの貴族(ヒュー・ジャックマン)に譲って見せたりと、
人間心理の機微に対する洞察の深さもほとんど無い映画ですが、
メグ・ライアン(当時40歳!)がカワイイのと、
ニューヨークの街がたくさん出てくるので、
まぁ、それだけで良し、といった感じの映画でした。

インテリ貴族と、アパートの屋上で貴族的なディナーをする時の
メグ・ライアンの黒いドレス姿が、実にキュートであります。
この映画の当時の彼女の髪型も、素晴らしいです。

ちょっとヒマだったので、
メグ・ライアンと同い年の日本人を調べてみました。

上島竜兵、黒田アーサー、マイケル富岡、田原俊彦、馳浩
浅野温子、戸川純、辻元清美、ジャガー横田、ハイヒールリンゴ
が同い年でした。

なかなかの粒揃いですね。

外人だと、ベン・ジョンソン、カール・ルイス、エディー・マーフィー、
マイケル・J・フォックス、が同い年。

ベン・ジョンソンとカール・ルイスって、
同い年だったんですね。
posted by ゆうき at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。